医労連紹介

森田しのぶ委員長挨拶

森田しのぶ委員長.jpg

ようこそ、日本医労連のホームページへ!

 2017年7月に開催されました第67回定期大会で執行委員長になりました森田しのぶと申します。日本医労連は、今年結成60年を迎えました。結成から一貫して、働く者の権利と労働条件の改善と併せ、受け手である国民の医療・社会保障の充実を運動の柱として進めてきました。

 現在、医療・介護・福祉をめぐる状況は、度重なる医療・社会保障の改悪で国民の負担は増え続け、満足に医療・介護・福祉の制度が受けられずにいます。憲法25条で保障されている健康権・受療権が保障されない社会になっています。一方、働く環境は大きく変化しており、効率性のみが追求され人員不足は常態化しており長時間労働や夜勤回数が増え、休みもまともに取れずに疲弊し職場を去る(離職)人は後を絶ちません。

 人間らしく誇りをもって働き続けられる職場をつくるには、約800万の医療・福祉職場で働く人が、権利意識を持ち自らが動くことだと思います。ナイチンゲールは、「我慢は美徳ではない」との言葉を残しています。それは、私たちが我慢することは、受け手である患者・利用者の方にしわ寄せがいくからです。望むべき医療・看護・介護・福祉を提供するためにも、ぜひ仲間になってください。もし、職場に労働組合がなければ、日本医労連には1人でも入れるユニオンがあります。

 日本医療労働組合連合会 中央執行委員長 森田 しのぶ

  • 日本医労連共済
  • 医療・介護・福祉ユニオン
  • 青年のページ
  • 女性のページ
  • 会員専用ログイン
  • 日本医労連新歓動画
  • 介護に「笑顔」と希望を!